工場製作8割、現場組付2割 お客様の時間を無駄にしない
短期リノベーション 「住之江工芸・瞬時改装システム」本格販売開始

髙松コンストラクショングループの株式会社住之江工芸(本社:堺市美原区、代表取締役社長:井川清茂)は、2016年11月25日より近畿圏・関東圏において、医院や店舗のリノベーションをお考えの事業者様、住宅のリノベーションをお考えの個人のお客様を対象に、現場での作業を大幅に削減することで工期を最短期間にする「瞬時改装システム」の本格販売を開始いたします。

■「瞬時改装システム」の特徴

通常、店舗・住宅等のリノベーションを行う場合、部材の切断加工、塗装等の仕上げ、組立の全てを現場で行うのが一般的です。このやり方だと、現場での作業工程が多く、工期が長くなります。そのうえ、切断加工時の騒音やゴミ、塗料や溶剤の臭いが残るといった問題もあります。また、品質に関しても、現場塗装は工場塗装より劣るといったデメリットもあります。

一方、住之江工芸の「瞬時改装システム」では、部材の切断加工、仕上げ、組立の確認を業界最大級の約5,000㎡の自社工場において行います。その後、現場搬入が可能なサイズに一度解体、現場に搬入、という手順です。そのため、現場では製品の組み立てが主となり、最短期間でのリノベーションが可能となります。また、塗料や溶剤の臭い、加工時に発生する騒音やゴミも最小限に抑えることができるので、施工中、施工後も安心です。

pho_2016112502.png

■開発・販売までの経緯 

住之江工芸は創業以来約半世紀に渡り、百貨店内のハイブランドショップの内装に多く携わってまいりました。百貨店の内装工事は施工条件が厳しく、「埃を立てない、持ち込まない」「塗料や溶剤の臭いは厳禁」が一般的ですが、なかでも時間の制約は大きく「営業終了後の夜から翌営業日の朝、開店するまでに改装を終えてほしい」とオーダーを受けることもあります。百貨店内装で培った短時間で確実に空間を作り上げる技術は、今まで一部のお客様にしか知られておりませんでしたが、この度広く一般のお客様にも利用していただけるよう、本格販売を開始いたします。

■今後の展開

工事期間中の休業が気になり改装を躊躇されている医院や店舗の事業者様、仮住まいや引っ越しの負担にお悩みの個人のお客様への解決策として、「瞬時改装システム」を展開してまいります。

■会社概要

【社名】 株式会社住之江工芸

【代表者名】 代表取締役社長:井川 清茂

【所在地】 本社・工場:大阪府堺市美原区木材通4-5-13 東京支店:東京都港区芝4-8-2

【創業】 1958年7月1日

【資本金】 98,497,500円

■問い合わせ先

株式会社 住之江工芸 取締役本部長 星 雅人 TEL:072-369-2668(平日 8:30~17:30)

瞬時改装リノベーションのページはこちらから